2018年06月26日更新
USA TETSUYA 東京五輪音頭-2020-

USA&TETSUYAの浴衣姿が粋!東京五輪音頭-2020-で日本中を盛り上げる!

6月26日、EXILEのUSAとTETSUYA が、新宿パークタワーホールにて行われた公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が主催する『TOKYO 2020と祭でつながろう発表会』に登壇。

509
0
6月26日、EXILEのUSAとTETSUYA が、新宿パークタワーホールにて行われた公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が主催する『TOKYO 2020と祭でつながろう発表会』に登壇した。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
『TOKYO 2020と祭でつながろう』は、「東京五輪音頭-2020-でつながる」、「東京2020応援プログラム(祭り)でつながる」、「東京2020公式ライセンス商品でつながる」という3つを柱に、東京2020大会に向けて日本の文化であるお祭りを通じて一緒に盛り上げるという取り組み。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
大林素子、藤井瑞希、田口亜紀、山本篤らとともに東京2020公式ライセンス商品でもある、花火をモチーフにした色違いの浴衣に身を包んで登場したUSAとTETSUYAはそれぞれ、「東京2020に向けて、エンタテインメントとスポーツ、日本の伝統のお祭りを盛り上げていきたい」、「気づけばあと2年で東京2020が来てしまうので、僕らの力でも精一杯盛り上げられるように頑張りたい」と挨拶した。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
また浴衣についてそれぞれ、「色合いも爽やかで、浴衣自体も軽いので凄く動きやすいです」(USA)、「着心地は最高です。ようやく夏が来るなと感じさせられますし、色合いもスタイリッシュなので年齢問わず楽しめるのではないかと思います」(TETSUYA)とコメント。さらに浴衣を着て行きたい場所について尋ねられると、USAは「お祭りに行って踊って楽しみたいです」、TETSUYAは「花火大会に行って、ビール片手に花火を観たいですね」と明かし、場内の笑いを誘った。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
“祭りでつながろう”というテーマに絡めて、今回のプロジェクトへの意気込みを聞かれたUSAは、2006年からEXILEの活動と並行して立ち上げた自身の個人プロジェクト・DANCE EARTHでの経験をもとに「国や言葉が違っても、踊り合うことでお互いに通じ合うことができることを体感したので、今後もその踊りの力を使って、さらに『HAPPY&PEACE』を広めていきたい」と語った。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
また、発表会では、東京2020大会のテーマにも強く結びついている“老若男女に加え、海外の方にも、障がいの有無にかかわらず、輪になって踊って一つにつながろう”という想いが込められた「東京五輪音頭-2020-」の踊り隊の結成も発表。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
数年前からパラアスリートの選手と交流を持ち、平昌2018冬季パラリンピックも訪れたTETSUYAは「音楽、ダンス、スポーツ、日本の歴史が全てミックスされたこの東京五輪音頭は、誰でもすごく楽しめるものだと思うので、車いすの方でも楽しめるよう、僕たちなりにアイデアを出せていけたらと思います」と意気込みを語った。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

何をお探しですか?

まとめ作者